ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

仕事奮闘日記

2012年02月20日 10時49分 編集
先日あった奮闘を記録として忘れないようにと書きます。
「タイムラインのエンドアクションとチャプターポイントのエンドアクションの関係性とtitleの設定法則」
タイトルが良くわからない上、論文みたいな感じになっていますが、単に忘れないようにと記録します。


チャプターポイントのエンドアクションというものは通常設定上、タイムラインのエンドアクションよりも優先であり、同じリンク先からの動作としてはチャプターポイントに設定されているアクションのみ有効というのが本来の働き。しかしタイムラインのエンドアクションは必須であり、そこが未設定のままや、両方設定することによるエンドアクションの重複は警告メッセージが出てきてしまうなど、少しややこしい部分でもあります。しかし、その限定された動きのように思われていた「エンドアクション」にも若干の法則があることに気が付きました。

それは、タイムライン頭からの再生はチャプターポイントに設定されたエンドアクションが優先。タイムラインの後ろからはタイムラインのエンドアクションに設定されたものが優先といった法則です。後ろから?と実際よくわかなない説明ですが、これが再生デッキにより、操作や動きに大きく影響することになるんですね。


あるとき気付いた設定する項目すらない再生画面上に「title」の表示。
製作過程にはどこにも見当たらず、メーカーの技術担当に問い合わせてもNoの返事。
設定できない項目が、再生中に堂々と画面に表示されるとはどういうことだ!
とちょっとイライラしつつ、自己解決に向かうためテストした日々の内容です。
色々ググってもひっかからなく、とえりあえず試行錯誤中が長いので結果だけ。

おそらく、アセットを取り込んだ順番、トランスコードした順番、タイムラインを追加した順番等が関わってきていることが判明。さらにアセットを一括取り込みの状態からのトランスコード順は不規則なのを確認。細かな関係性は時間と手持ちのDVDRの関係上省略。確実なのは、順番に取り込むアセットと個別のトランスコード、タイムラインの作成で間違いなく順序通り「title」が作成されるということ。気をつけなくてはいけない所は、途中追加や再トランスコード時は順序が最後に入れ替わるということと、ファーストプレイは処理する順番関係なく順序が一番最初にくるということ。

なおトランスコードしなくてもよいアセット(MP2など)はチェックしていないのであしからず。ただ解ったのは、ファーストプレイのトランスコード順は関係なく、設定すれば常に一番最初に位置付けされるということでした。基本DVDに書き込む作業はtitle順に行うようで、書き込みエラーなどの場合、停止する位置により不具合のあるアセットの大よその目途がたつということも分かりました。さらにはトランスコードしないよりも、する方が安定して書き込めるということも確認できました。

「Title」の順番とは、再生の順番であり、制御しきれない部分での自動認識のような項目です。
孤立したタイムラインでも、機器によりこの順番は有効であり、見えない部分でお互いを位置づけ合っているといって良いでしょう。こういった性質を持っていても、タイムラインのエンドアクション設定次第で自由に動きを制御できるというのが本来。そのエンドアクションは名の通り「エンド」であって終わりの動きを示すものです。当然、始まりの設定はないので、リンク先及び前のエンドアクション元に戻るのかと思いきや、再生機器により、title順に戻ることが今回の奮闘になる現象の一つでした。


「次」アクションで向かうエンドアクション設定先。「戻」アクションで向かうリンク元。
そういった設定の中、「戻」に関しては強制的に「title」の位置付け通りに動く機器に、この法則は操作に対しかなりの重要性を持っていると思われます。では、title順に戻った場合、前の順序の物が再生(表示)されるのか?といった当たり前の疑問。これはNoでした。再生(表示)されたのは前の順序のアセット(タイムライン)に設定してあるエンドアクション。ここで初めて、タイトルの関係性が出てきます。タイムラインにはエンドアクションとしてのリンク先をチャプターポイントのエンドアクションに設定し、タイムラインのエンドアクションを戻ってしまった時の動き(例えばメニュー)に指定しておくことで、「戻」による前の「title」に戻ってしまったときの動作を指定できるということです。通常だと無駄に思われるリンク先タイムラインのエンドアクションとチャプターポイントエンドアクションの両設定。再生機器によるこれらの動きに対応すべく、「title」の法則を使い分ければより柔軟なオーサリングができるのではないかと、可能性がみえた今回の奮闘でした。もっとも初めから設定できるようになれば良いんですけどね。
※チャプターポイントエンドアクション優先の為の警告がでますが再生には問題ありません


無駄になったDVDR65枚。


2012-02-16 19.43.00.jpg

SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。