ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

天気にあったゴーグルを選ぼう

第3回 悪天候型ゴーグルの選び方
text by vex select museum
悪天候型レンズ(ナイター含む)

最後にご紹介するのは「悪天候用レンズ(ナイター含む)」です。

大雪や、ガスで覆われている、また夜間(ナイター)などの時に使用するレンズで、以前ご紹介した「透過率」で言えば80~90%くらいで、裸眼に近い見え方をするレンズです。



定番は写真の「クリアー」です。名前の通り、ゴーグルをつけていない状態と同じように見えるレンズです。ナイターなど、照明で滑るような時には最適です。

大雪の時やガスっている時は、レンズに色を付けた方がゲレンデの起伏を確認しやすいので「イエロー」が最適です。好みで「オレンジ」や「ピンク」などもおすすめです。

天候に合わせて使い分けるということ

以上がおおまかにわけたレンズの選び方です。参考になりましたでしょうか?

どのレンズにも長所もありますが、短所もあります。ですので、可能であれば、最低「2枚」のレンズを用意し、天候にあわせて使い分けてもらうのが理想的です。

冒頭にも書きましたが、ゴーグルは車で言えば「ワイパー」の役割をするものです。

視界が悪い、見えずらい、という事は大きな事故にもつながります。

またクリアな視界が確保できれば、思い切ったライディングも可能で技術の向上にもつながります。

ブランドによってはボーナスとして換えレンズがついてくるものもありますので、色々調べてみてください。

当店はOAKLEY、FAT FIVEなど多数取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください!
講師紹介
長野県白馬にスノーボードのセレクトショップとして2003年10月オープン。都市部でも希少なブランドをセレクトし、コアボーダーや冬の篭りボーダーを中心に支持されている。

SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。