ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

INSIDE SNOWSTEEZ

第1回 スキー場のデータベースの管理方法について話してみたい
text by SNOWSTEEZ編集隊長
今回から始まったINSIDE SNOWSTEEZ。このコーナーでは、SNOWSTEEZを制作・運営している現場のお話を書いてみたいと思います。どんなアイテムやサービス、ソフトウェアを使ってSNOWSTEEZを作っているのか。自分でもスノーボードのサイトを作りたい!と思っている方の参考になればと思います。第1回は、スキー場のデータをどのように管理しているのかについて、お話してみます。

SNOWSTEEZではスキー場のデータをデータベースに保存し、「みんなで作るスキー場データベース」や「全国スキー場オープン情報」といったコンテンツで使用しています。スキー場のデータベースには、住所や電話番号、ウェブサイトのURL、スキー場の位置情報(緯度経度)などが入っています。これらの情報は、サイボウズ社の「kintone」というサービスを使って管理しています。スキー場の最新データをkintoneに保存しておくと、1時間に1回、SNOWSTEEZのデータベースと同期して反映されます。


サイボウズと言うと、スケジュールや施設管理といったグループウェアを作っている会社を思い浮かべると思いますが、kintoneはウェブブラウザで使えるデータベースアプリケーションを簡単に作れるサービスです。自分が記録したい内容に合わせてデータベースを設計して、データを保存することができます。保存できるデータは文字情報の他、画像やPDFといったファイルも可能です。一覧表示やグラフ表示の設定も、ウェブブラウザから簡単に行うことができます。


ポータル画面(クリックで拡大)

スキー場のデータは、「スキー場マスタ管理」という名前のデータベースアプリを作って管理しています。データを一覧表示させる際には、絞り込み条件も設定できますから、例えばオープン日のデータが入っていないスキー場だけを抽出して表示することもできます。オレはこの画面を使ってスキー場の公式サイトを巡回して、オープン日が発表されていないかチェックしています。


スキー場マスタの一覧画面(クリックで拡大)

スキー場マスタの詳細画面(クリックで拡大)

オープン日が入っていないスキー場を抽出(クリックで拡大)

SNOWSTEEZのデータベースとの同期は1時間に1回。kintoneはウェブブラウザでいろいろ設定して使う製品なんですが、kintone以外のシステムとデータを連携させたりする場合は、プログラミングの腕が必要になります。kintoneで用意されているAPIを使って、SNOWSTEEZのサーバからkintoneに最新データを問い合わせて、変更があった場合はSNOWSTEEZのデータベースを更新しています。

kintoneを使うメリットは、データを管理するデータベースアプリを、管理画面まで含めて簡単に作れることです。管理画面を作るのって結構ジャマくさいので、データベースを設計したら自動的にデータを登録・編集する画面ができあがってるのは素敵です。また、kintoneにはiPhoneやAndroid用のアプリも提供されていますから、外出先からでもデータの閲覧や更新が可能です。例えば、スキー場のオープン情報を読者の方が送ってくれた時も、iPhoneでメールを受信してkintoneのアプリでデータを更新しておけば、どんなに遅くとも1時間以内にはSNOWSTEEZのデータベースに反映されます。スキー場のオープン情報はなるべく早くみなさまに届けたい情報の1つです。実際この更新は、出張先で夜中の1時に行いました。みなさまの情報提供、ホントに感謝感激です。


iPhoneでメールを受信(クリックで拡大)

kintoneのモバイルアプリ(クリックで拡大)

スキー場を検索(クリックで拡大)

データを修正(クリックで拡大)

kintoneの利用料金は1ユーザ880円(税抜)で、最小5ユーザから契約できます。来年4月からは、kintone APIを使う場合は1ユーザ1,500円、使わない場合は780円に価格改定される予定ですが、来年3月までに契約すれば5年間はこれまでと同じ料金で利用できるそうです。最近は何でもかんでもkintoneに入れて保存しています。例えば、スノームービー購入ガイドに掲載するDVDのデータの管理やプライベートで滑りに行った時の写真の管理まで、もう手放せない相棒になりました。


スノームービー購入ガイドのデータ管理(クリックで拡大)

滑りに行った時の写真の管理(クリックで拡大)

というわけで、今回からスタートしたINSIDE SNOWSTEEZ。こんな感じでWebディレクターやWebエンジニアのみなさま向けのお話になるような気がしますが、今後は月1回のペースでいろいろ書いてみたいと思います。ページの右上にある「このページの感想を送る」から感想をもらえると、オレが喜びます。
講師紹介
SNOWSTEEZ編集隊長
スノーボード総合情報サイト「SNOWSTEEZ」の編集分隊の隊長。本業はIT系のプロジェクトマネージャーなので、何かと締め切りにうるさく他の隊員からウザがられるも多々あるらしい。スノーボード歴は2000年から。座右の銘は「顔着しても鼻血ぐらいじゃ泣かない」。

SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。