ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
チームで撮影してムービーを作っています。みんなに見てもらいたい思うんですが、 ショップに置いてもらうにはどうしたらいいでしょうか?
本日の回答者
小川 忠博(ビジュアライズイメージ クリエイティブディレクター)
スケートボード、スノーボード、ピストバイク、サーフィン、MTB、スキーなど、エクストリームスポーツを始めとした映像作品を、DVDなど様々なメディアで提供。


Q.DVDをショップに置いてもらうには、どうすればいいでしょうか?
A.DVDを自分たちで作って、自分たちが全国のショップをまわり、販売をしていくというのも方法の1つではあります。 ただしこの方法では、労力と時間をかなり要するので、DVDの代理店に出来上がったムービーのパッケージ化(DVDという商品にする作業)や販売代理業務(全国のショップにムービーの案内とセールスをする業務)などをお願いするのがよいかと思います。

Q.代理店にお願いする場合に気をつけなければならなことはありますか?
A.DVDとして販売する際に法律的に問題が発生してしまう内容だと、ムービーを制作した自分たちはもちろん、代理店やショップにも大きな問題になります。そういったDVDを、きちんとした代理店が取り扱ってくれることはありません。使っている音楽の著作権、使用権、また映っている人や物の肖像権等、作品に関わるすべての法律上の権利は、問題ないようにする必要があります。
加えて代理店としては、「売れる」作品を制作するプロダクションと長いビジネス関係を築いていけることを大切にしています。個々の代理店によって判断は変わると思いますが、販売を含め、長期の視点での可能性が作品やプロダクションに感じられなければ、法律的な問題が全くない作品だとしても、代理店が取り扱いを行う可能性は少ないでしょう。

Q.ムービーを作っているみなさんにアドバイスをいただけますか?
A.ショップでDVDの販売を行うということは、それを見たいという消費者がお金を払い、購入していただくと言うことです。そこにはネットで無料で見れるムービーやプロモーション・ムービーとは異なる、ムービー制作への考え方、感性、視点がとても重要になります。制作している自分たちが納得できる作品を作るのは当然のことですが、DVDを購入いただいた人が作品を見た時、彼らのスノーボードの感覚をよい方向に導いてあげられるようなエンターテイメント性がないと、自己満足だけになってしまいます。それではDVD作品として成功することはとても難しくなるでしょう。スノーボード・ムービーも、一般の映画やテレビ番組などの映像作品と同様に、今までの作品にはない個性の溢れた面白い作品を、消費者は期待しています。

SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。