ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
コブをうまく滑るコツを教えてください。
本日の回答者
稲川 光伸(OFFICE INAGAWA代表)
JSBA4、5、6期デモンストレーター、JSBA元プロスノーボーダーで、現在は妙高山スノーボードスクールと月山スノーボードスクールの代表。整地カービングターンから不整地コブ斜面までアルパイン、フリースタイルを使いこなす滑りのスペシャリスト。


Q.コブ斜面を滑るコツを教えて下さい。
A.コブの基本は、スピードコントロールです。ボードをスライド(ズラして)させてスピードコントロールしながら、コブコースを滑り降りていきます。切り替えのタイミングは、コブとコブの間の頂点(盛り上がったところ)です。素早く切り替えてすかさずスライドして滑り降ります。スピードコントロールがしっかりできれば、コブコースを攻略することができます。

Q.どういった練習をすればいいですか?
A.スピードコントロールの基本技術はサイドスリップ(横滑り)です。まずは整地で、サイドスリップを連続して切り替えて滑る練習をします。切り替えは、素早く切り替えます。ここでの重要なポイントは「ターンにならない」ことです。ターンになってしまうと、コブコースから外れてしまうからです。サイドスリップからサイドスリップへと連続して切り替えいく練習をすることで、コブを滑ることが出来るようになります。コブの滑り方を教えてくれるスクールもあります。

Q.コブは怖くてケガが心配です。安全に滑るにはどうしたらよいでしょうか?
A.コブは怖いイメージがありますが、基本技術(連続サイドスリップ)が出来れば、実はジャンプやレールなどよりも安全です。コブを滑る年齢層は幅広く、最近はかっこいいおじさま達が果敢に攻めています。

Q.スクールについて教えて下さい。
A.コブ斜面を利用した大会を主催している妙高山スノーボードスクールや、4月から7月まで滑れることができる月山スノーボードスクールで、コブ技術のスクールを行っています。初めてコブに入る人にもわかりやすく、基本からスピードを操る応用までしっかりと安全に教えてくれますので、上達への早道です。うまく滑れるようになってきたら、実力を試すために大会への参加もオススメします。




Q.コブ斜面の大会について教えてください。
A.コブ斜面を利用した大会は、技術とスピードを競います。スピードの中でコブ斜面を正確にターンできているかが、競技のポイントになります。ビギナークラスもあるので、不安な人でも楽しく挑戦することができます。現在、国内では全国コブ選手権大会として赤倉大会、月山大会の2大会が開催されています。

SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。