ID パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

編集部に届いたスノーボード業界のニュースリリース、イベント告知を掲載

2012年10月11日 妙高山スノーボードスクール事務局

2012『稲川光伸&プロカメラマン金子雄爾氏と行く2泊3日立山撮影ツアー』

ツアー 北陸
20121011_1.jpg

来る11月23日(金)~25日(日)<3連休>におきまして、
恒例の立山撮影ツアーを開催。
パウダーシーンや雑誌でもおなじみの有名プロカメラマン(金子雄爾氏)から多大なご協力と
チャンスを頂き、『今の自分の残像を残す』ため、
そして『スノーボードの証』を絵として残すために是非ご参加頂きたく思います。
ライダーでさえ、プロカメラマンによる立山の撮影チャンスは難しく、
カメラマンとの密接な関係や雑誌社のタイアップなどといった特殊な条件が重ならないと
チャンスが訪れないものです。
そんな貴重な機会を逃すわけにはいきません。
ライダーと同じフィールドで、同じアングルで、
同じ雰囲気を味わっていただきたいと思い特別企画しました。
普段では味わえない撮影の緊張感、難しさ、フォトを見たときの達成感など、
すばらしい体験ができると思います。素人撮影と雲泥の差がわかります。
立山といえば『パウダー』の撮影です。
降り続づいた後の好天は、極上のスーパーパウダーが期待できますし、
その深さと軽さにはこの上なく感動させられます。
しかし、その反対もあり、立山は降り続けば猛烈な吹雪となり、
撮影どころか外出も不可になり小屋待機になることも珍しくありません。
また、標高2400mとういう空気の薄い高山、極寒という厳しい条件、
自然と向き合う危険との状況下での撮影になるので、
ここをよくご理解頂きご参加頂ければと思います。
また、泊まりは山小屋ですが、300名収容の温泉旅館並みの宿舎ですので、
それなりに小屋を楽しんで頂きたいと思います。
((( 露天風呂は温泉最高です(*^^)v )))
とにかく、安全優先でやさしいコースをご案内したいと考えていますので、
立山という特殊な場所とカメラマン一人ということで、
『限定12名』とさせて頂きます。
また、経費の関係上、最小催行人員も設定させていただきます。
この機会に是非ご参加お待ちしております。

<スケジュール>
●1日目(23日)AM 8:00『扇沢駅』集合→山小屋『雷鳥荘』へ

※STAFFも扇沢駅出発(8:30発)に乗ります。(※予定)
富山方面からのアクセスは、だいたい毎年そのタイミングで降雪があると除雪が間に合わなくて通行止めになることが多いです。
大町(扇沢)からのアクセスをおすすめします。
※毎年駐車場が満車状態になるので、早めの行動をお願いします
宿泊場所『雷鳥荘』到着次第パウダー技術講習会(稲川)
夕方テスト撮影、プレビュー

●2日目(24日)終日撮影、プレビュー

●3日目(25日)午前中:撮影、ポートレート
昼食後、室堂駅へ 下山・解散を予定しています。(あくまでも予定です。)
※天候に全てが左右します。

<要項>

■日程:11月23日(金)、24日(土)、25日(日)3連休 <2泊3日>
■集合時間・場所:AM8:00 扇沢駅(大町)集合
※室堂までのアルペンルートは各自負担でお願いします。
■募集定員:限定12名様(最小催行人数8名様)
■参加費:¥44,000-
(山小屋雷鳥荘2泊6食付き!、カメラマン撮影代、データ配送費、技術講習代、保険料)

※初日のお昼のみ各自でご用意ください。(23日夕食、24日朝、昼、夕、25日朝、昼食付き)
※室堂までのアルペンルートは各自でご負担願います。
※男女同室の可能性があります。予めご了承願います。
■宿泊場所:『雷鳥荘』 http://www.raichoso.com/
■カメラマン:金子雄爾(かねこゆうじ)
■技術講師:稲川光伸(プロスノーボーダー)
■参加条件:自己責任前提で傷害保険加入者。
        中急斜面を連続ターンができる方。 
        健康で体力に自信のある方。(空気の薄い高山でハイクするため)
        遠くまでハイクしませんので、バックカントリー初心者でも大丈夫だと思われます。
※スノーシュ、ポール、ビーコン、ゾンデ、スコップは無くても大丈夫だと思います。


但し、スノーシュ、ポールはあれば移動に便利です。※100%の安全はありません
※立山は空気の薄い高山でリフトはございません。すべてハイクアップになります。
※天候が全てに左右します。万一、全日程悪天候で撮影不可の場合でも、全て手配するため 参加費の払い戻しはできません。
※フォトはデータでお渡しいたします。(後日発送)

<装  備>
申し込み者様に後日ご案内いたします。
ビーコン、ゾンデ、スコップが必要な危険な場所へは行きません。
スノーシュ、スキーポール(ストック)ぐらいあると便利です。
ヘルメット・プロテクター等の着用を強く推奨します。

※100%の安全はありません


<ご注意・ご了承事項>
※主催者の定める免責同意書・権利放棄書を理解し、署名捺印が必要です。
※立山は空気の薄い高山でリフトはございません。すべてハイクアップになります。
※天候が全てに左右します。万一、全日程悪天候で撮影不可の場合でも、参加費の払い戻しはできません。
※特殊な企画ということもあり、諸事情で予告なく急きょ掲載内容の変更、催行中止になることも考えられます。予めご了承下さい。
※万一主催者の都合で中止になった場合、事務手数料¥1000を差し引いてご返金致します。
※宿泊施設が満室の場合、キャンセル待ち状態になります。万一部屋が確保できなかった場合、イベントが変更、または中止になる場合があります。
※万一参加者が少なく、催行決定する場合、ライダー撮影と合同など、企画の変更もございます。


<お申込み方法>
現金書留、またはデジエントリーが選べます。

①現金書留にてお申し込み

申し込み用紙をダウンロードして、必要事項を記入、署名捺印の上、現金書留にて下記を送り下さい。
(大変恐れ入りますが、郵便料金は各自ご負担下さい)
※現金書留でお申し込みの方には、ささやかですがSnoman goodsをプレゼントさせて頂きます。

申込用紙は、ホームページhttp://www.myoko3.com にPDFにてDL可能です。
また、FAXでも対応いたします。
FAX番号をお知らせください。申し込み用紙をお送りいたします。

<<<<  送り先  >>>>
〒949-2111 新潟県妙高市赤倉469-10 
妙高山スノーボードスクール事務局 宛
0255-87-2644



②デジエントリー

http://dgent.jp/


■キャンセルについて
お申し込み後のキャンセルは、宿泊予約金等の関係で払い戻しが一切できませんので、

ご了承の上、お申し込み下さい。


■詳細はhttp://www.myoko3.com をご覧ください。

<お問い合わせ>
妙高山スノーボードスクール 事務局
0255(87)2644
info@myoko3.com

ニュース記事ランキング

最近のニュース記事

月別ニュース記事一覧

カテゴリ別ニュース記事一覧


SNOWSTEEZ is delivered from Japan with the spirit of snowboarding.

推奨環境: FireFox Latest / Chrome Latest / Safari Latest / Android Browser Latest

© 2001 SNOWTRIBE, © 2005, 2013 SNOWSTEEZ
掲載しているコンテンツの著作権はSNOWSTEEZ編集部もしくは各著作権者に帰属しています。