スキー場の受入環境整備を支援。「Wi-Fi不要」「スキー場専用の翻訳ショートカット」により共通課題ソリューションを販売開始。

インターネット不要の自動翻訳機の開発・販売を行っている株式会社ログバー(東京都渋谷区 代表取締役 吉田卓郎)は、一般社団法人地方創生パートナーズネットワーク(東京都渋谷区 代表理事 村松知木)、スキー場がある山間部のインターネット環境の課題解決へ、日本で最大数のスキー場を運営する株式会社マックアース(兵庫県養父市 代表取締役CEO 一ノ本達己)と共同で、スキー場専用の自動翻訳機を開発しました。
第一弾の利用は、グリーンシーズンのスキー場で「夏でも雪遊び!?」体験を行い、共同開発したスキー場専用の自動翻訳機を持った「スノー忍者(TM)(商標出願中) 」と雪遊び体験でウィンターシーズンに向けたインバウンド市場開拓を狙うイベントで使用します。

3社は、関西圏に滞在している訪日外国人旅行者のスキー場に対する潜在需要の開拓を目的に、真夏のグリーンシーズンを利用して訪日外国人旅行者向け体験イベントで提携します。

今夏、京都から電車で1時間半で琵琶湖を一望できるロケーションにより訪日外国人旅行者が急増している滋賀県高島市「箱館山スキー場」のキッズスペースにて、2019年6月29日(土)より人工造雪機を利用して雪山を作り、訪日外国人旅行者に対して「夏でも雪遊び!?」のイベントを行います。

プロモーションは、関西国際空港・大阪・京都など訪日外国人旅行者が多いエリアで「雪遊び風景」をSNS配信や、訪日外国人旅行者を対象としたフリーペーパー等の広告出稿により集客強化を図ります。

「夏でも雪遊び!?」は、当社が保有する「スノー忍者™」(日本固有で世界的知名度の高い忍者をモチーフ )が登場して雪山に的を作り「手裏剣の雪山的あてゲーム」を行い、雪に触れて遊ぶ子どもの姿をシェアしたい親の心理に訴求してSNS効果を最大限化し、ウィンターシーズンに向けて外国人訪日旅行者の市場開拓を行うだけでなく、スキー場内各所に自動翻訳機「ili Pro」を持った「スノー忍者™」が不定期に出没して、記念撮影等の「おもてなし」で盛り上げます。

スキー場専用の自動翻訳機を共同開発して販売開始

3社は、「Wi-Fiが不要」「よく使う文言のショートカット登録」など山間部スキー場で有効な機能に着目し、スキー場において「受付での案内」「スキー・スノーボード初心者への案内」「スキースクールでの案内」「バッ クカントリー安全注意」等の共通した翻訳が多いことからスキー場特有の翻訳テキストを共同開発。

ウィンターシーズンに向けてショートカットを搭載した「スキー場専用の自動翻訳機」を2019年6月10日(月)より自治体・DMO ・スキー場等へ販売受付を開始します。(自治体・DMO・スキー場等を対象にした自動翻訳機詳細のオンライン説明会は、6月6日(木)15時~16時を予定しております。)

今後も3社は、ウィンターシーズンへ向けて各社ノウハウを融合し、訪日外国人旅行者によるスキー場の利用促進を通して「山間部の再生」による地方創生に貢献してまいります。

【参考販売価格】
■ili Proベーシック買切りプラン価格
※単価77,160円~(2年間契約:毎月3,215円相当)
※利用拠点ごとに1,200円初期登録料 【スキー場翻訳のショートカット】

■ショートカット例
日本語 →「ICリフト乗り方」
英 語 → 1.Open a ski lift gate,after touch on a lift card ticket.
2.Go forward,when a ski lift passes over in front of you, or staffs call you・・

プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000007194.html